聖母保育園のしつけ

1.しつけの根底は「愛情」です。
この子が素晴らしい子になって欲しいという気持ちです。

2.お母さん大好き、先生大好きという「信頼関係」ができていれば素直に聞き入れます。

3.今、今、今、その「瞬間」にそれはいけないことだと伝えます。

4.何回でも身につくまで「繰り返し」教えていきます。

5.親や保育士のその子を思う「真剣さ気迫」が大切です。

6.喜びの生活の中で「自然に」無理なく指導していきます。

7.その子の心を大切に人格を否定せず「行為」がいけないことを理解させます。